ビジネスとは一体何だ?私の考えるビジネス【図解入り説明】

ビジネスはシンプルに考えると上手くいく

私はビジネスをいつもシンプルに考えています。

それはオンラインのビジネスでも、オフラインのビジネスでも同じです。

「自分がやっている事がシンプルに解説できない」と思った時には、一度立ち止まって時間をとってシンプルに解説できるまで考え続けます。

一体、なぜそこまでしてビジネスをシンプルに考えるのか?

それは、ビジネスをシンプルに考える事で全体像が把握できたり、細かい部分でもやるべき事が分かったり、作業の優先順位を決めるスピードが圧倒的に上がるからです。

逆にビジネスを複雑に考えているとやるべき作業が進まなかったり、そもそも何をやっていったら良いのかも分からなくなります。

ビジネスをシンプルに考える事とは、ビジネスを効率的に進める為の1つの必須条件という事です。

  • 早いスピードで目標の成果を出したい
  • 無駄な作業をできるだけ減らして効率よくビジネスを行いたい
  • できるだけ小資金でビジネスを始めて大きくしていきたい
  • 自分の収入を景気に左右されたくない
  • 価値観の合わない人と無理に付き合いたくない

…もし、あなたがこういった事を考えているのなら、まずはビジネスをシンプルに考える(認識する)事から始めて下さい。

とはいえ、考えるといってもパッとは思い付かないと思いますし、これまでビジネスの勉強をした事が無い場合には分からないと思います。

なので、本日の記事では私の考えるビジネスについてシンプルに図解入りで解説していきます。

ほとんどの人はビジネスを複雑に考えすぎている

ビジネスで成功できないパターンの人の多くに『ビジネスを複雑に考えすぎている』という傾向があります。

それも、そうした人の多くは自分が『ビジネスを複雑に考えすぎている』という事を認識できていない事がほとんどです。

本人としては「シンプルに考えているつもり」になって、「自分がビジネスをシンプルに捉える事ができていない」と気付いていない、といった状態になっています。

もしくは、「そもそもお金を稼ぎたいとは思っていたけど、ビジネスについて考えた事なんて無かった‥」という人も多くいます。

  • 「それって今の自分そのままなんですけど‥」

もし、現在のあなたがこういった状況だとしても大丈夫です。

私もネットビジネスを始めた当初はビジネスについてなんて1ミリも考えた事が無ければ、「とにかくお金が欲しい」とずっと考えていました。

ですが、今はこうして「エッヘン!」と偉そうに記事を書いて、同世代のサラリーマンの年収を1ヶ月や2ヶ月で稼げるまでに成長しました。

これがあなたにはできないのか?というと、そうではありません。

今がどんな状況だとしても、私と同じようにビジネスを学んで、実践をしていけば自ずと理想の目標や結果を出していけるはずです。

なので、ビジネスを学ぶのに遅すぎるという事はありませんので、今回の記事をキッカケに今日から少しずつ前に進んでいって欲しいと思います。

私の考えるビジネス

私は個人的に個別コンサルティングを行ったり、メールでのやり取りを毎日行ったりと、実際にかなりの人数と話をしてきているのですが、その中でもビジネスをシンプルに捉える事ができる人ほど早いスピードで成果を出していきます。

逆に「そもそもビジネスとは何なのか?」という質問に答えられない人は、成果が出るまでに時間が出る人が多いです。

それは一体なぜなのか?というと、先ほども説明したようにビジネスを複雑に考えているとやるべき作業が進まなかったり、そもそも何をやっていったら良いのかも分からなってしまうからです。

逆にビジネスをシンプルに捉える事ができると、ビジネスの全体像が把握できたり、細かい部分でもやるべき事が分かったり、作業の優先順位を決めるスピードが圧倒的に上がって効率的にビジネスをしていく事ができます。

もし、あなたがこれからビジネスでお金を稼いでいきたいと思っている場合には、まずはビジネスについて知る必要があります。

例えば、私が考えるビジネスとは以下の図のようなイメージになります。かなりシンプルです。

(ビジネスの仕組み)

私の考えるビジネスとは「価値と価値の交換」です。

よくビジネスについての解説では、「利益を出す事」「お金を儲ける事」「商品やサービスを売買する事」「お金を稼ぐ手段」といったような事が説明されていますが、私はちょっと違うのではないかと思っています。

例えば、「お金を儲ける事」がビジネスだと考えるのであれば、人を騙してお金を儲けている「詐欺師」も1人のビジネスマンとして認定される事になります。

そして、ビジネスを行っていく上で「お金を儲けられれば何でもいい」といった誤解も生まれかねません。

しかし、逆に「ビジネスとは価値と価値の交換だ」と考えた時には、しっかりと相手に価値を提供して、その対価を自分が貰う、といった考えが必然的に生まれてきます。

なので、私はビジネスを「価値と価値の交換」だと考えるようにしています。

人間はビジネスをする事で生きていける

ビジネスを「価値と価値の交換」と考えると、ビジネスが日常に溢れかえっている事が分かります。

私たちが社会で生きていくためには100%、絶対にビジネスを行っていかなければいけないからです。

例えば、近所の友人が困っていて、その人を助けてあげたとします。そして、その際に感謝の気持ちとして友人がジュースをおごってくれた場合。

これもビジネスです。

(価値と価値の交換)

(ジュースをおごってもらう)

友人の問題の解決を手伝ってあげた事で、対価として缶ジュースをおごってもらい、今後の人間関係も良好に保っていけるので「価値と価値の交換」が成立している立派なビジネスになります。

同じく、会社の従業員やアルバイトもビジネスです。

会社は「利益を更に追求したい」と思っていて、そこに「じゃあ力を貸しましょう」と言って会社に価値を提供するのが従業員です。

そして、従業員は「労働力」を価値として提供して、対価として給料を貰うことができます。

また、会社は「こんな商品が欲しいなぁ」と思っている人達に対して商品やサービスといった価値を提供する事で、対価としてお金を受け取ったりしています。

(従業員もビジネス)

こんなイメージになります。

私がこのブログで行っている「アフィリエイト」もビジネスです。

「更に大きな売上をあげたい!」「もっと多くのお客さんが欲しい!」と思っている販売者にお客さんを連れていってあげる事で販売者から私はアフィリエイト報酬を貰うことができます。

同じように販売者は「こんな商品やサービスを使いたい!」と思っている人に対して、ユーザーの期待するような商品やサービスを価値として提供する事で、対価としてお金を受け取ったりしています。

(アフィリエイトもビジネス)

こんなイメージになります。

ビジネスでは基本的に対価は「お金」を貰いますが、お金が無かった大昔の時代には、きっと食料なども交換をしていたと思います。

木の実を取る人や狩りをする人が互いに物々交換をしながら、必要な栄養素を摂取していたのだと思います。

  • 「この木の実をこれだけあげるから、そのお肉をちょっとちょうだい!」

こんなイメージです。これもビジネスです。

子供が親から「お年玉」を貰うのもビジネスだと言えます。

子供は「親の元ですこやかに暮らす」という価値を提供する事で、対価として親からお年玉を貰うことができるんです。

このように、ビジネスを「価値と価値の交換」と考えると非常にシンプルにビジネスを行っていく事ができます。

「価値」ってなんですか?

こう考えていくと、1つの壁にぶつかります。

  • 「価値ってなんだろう?」

ビジネスで言う価値もネット上や書籍などで調べていくと色んな解説がされていて、何が何だか分からなくなりますが、私はここもシンプルに考えています。

私の考える価値とは、

  • 「相手がそれを知った時に対価を払いたい(払うべき)だと思うもの(こと)」

です。かなりシンプルです。

例えば、世間一般的な従業員の場合は、「お金が欲しい(価値を感じる)から従業員として働く(対価を支払う)」というイメージになります。

他にも、レストランで食事をする時に、「美味しいオムライスを食べたい(価値を感じる)からお金を払う(対価を支払う)」といったイメージになります。

また、首を切られて大量出血をして今にも死にそうな人がいたとして、それを助けようとして「このままでは死んでしまいますよ!止血するので有り金を全部下さい!」と言って、「死にたくない(死なない事に価値を感じる)から有り金すべてを支払う(対価を支払う)」といったイメージになります。

感じる価値は人それぞれで違う

ここでの注意点としては、人々が感じる価値は1人1人がそれぞれ違っているというポイントです。

例えば、同じ会社の従業員を比べてみたとしても「安定したお金がもらえる」といった事に価値を感じる人もいれば、逆に「自分のやりたい仕事をお金を貰いながらできる」という事に価値を感じる人もいます。

私たちがビジネスで多くの対価を貰うためには、相手が心の底から「欲しい!」と感じるような価値を提供していかなければいけません。

  • 「何がなんでもどうしても欲しい」

と、相手がそこに大きな価値を感じている状態であれば、それに見合った対価を支払ってもらえる可能性があるという事です。

もし、それがあなたからしか手に入らないとしたら?相手は必死になってそれを手に入れるための対価を用意するはずです。

あなたからしか手に入らない価値を本当に必要とする人に提供した瞬間に、お互いに大きな利益が生まれます。

(ここでその価値を本当に必要とする人を最大限に見つけ出して提供してあげるのがマーケティング。そして、本当に必要とする人に提供する価値の真の魅力を教えてあげるのがコピーライティングだと考えています。)

それができるのであれば、世界が大不況の時代でも、どれだけ景気が悪くても、自分の好きな人だけを相手にビジネスを行っていくことができるようになります。

価値観の合わないような人と無理矢理に付き合う必要は一切ありません。

‥しかし、現に多くの人はそれができません。

なぜなら、ビジネスというものを複雑に考え過ぎて、最も重要な「相手が感じる価値」という部分を忘れてしまっているからです。

相手が心の底から求める価値をあなたが提供し続けられる限り、世界がどんな状況でも、他人がどんな文句を言っていても関係ないという事です。

どんなに不況でも、どんなに景気が悪くても、どんなに自分の好きな人だけを相手にしていても、価値を交換する相手がいれば、ビジネスは成立します。

そして、正しい知識を持って、正しい方法でビジネスを実践していけば、正真正銘、誰でも対価としてお金を稼ぐ事ができるという事です。

でも、相手が感じる価値ってどうやって知るの?

ただ、ここまでの話を聞いてきた段階で

  • 「ビジネスは価値と価値の交換だという事は分かった」
  • 「相手に価値を提供したら、その対価としてお金を貰える事も分かった」
  • 「でも、相手の感じる価値ってどうやって知ればいいの?」

‥と疑問に思うかも知れません。

相手の欲する価値を調べる事をビジネスでは一般的に「リサーチ」と言います。

リサーチを簡単に説明すると、「みんなは何が欲しいのかなー?」と調べるという事です。

そして、欲しいものが分かったらそれを商品にしたりサービスにしたり、既にそういった商品やサービスがある場合にはアフィリエイトを行ったりして、それらを本当に必要とする人たちに提供していくとビジネスを大規模に効率よく行っていけるようになります。

例えば、このリサーチの段階で「日本国内で100万人以上の人が欲しがっているけど、実はまだ誰も提供する事ができていない価値」を見つけることができれば、集客にも販売にも困ることなくビジネスを行うことができるでしょう。

逆にリサーチをサボってしまい、「全世界で誰の1人も欲しがっていない価値」を提供しようとしていったところで、そのビジネスはうまくいきません。

多くの人が「欲しい」と言っている商品を売れば儲かりますし、多くの人が「いらない」と言っている商品を売れば儲からないという事です。

私はこの「リサーチ」をかなり重要視しています。

このリサーチ次第で、ビジネスの成功が8割決まると言っても過言ではありません。

  • 「またまた、そんなおおげさなぁ〜!」

‥そう思うかも知れませんが、私はかなりの本気です。おおげさでも何でもありません。

ビジネスは「相手」がいるから成り立ちます。

(相手がいるから価値と価値が交換できる)

ここでリサーチを適当にやってしまって「相手」が感じる価値を提供できないとなると、当然、対価はもらえなくなります。

(ビジネス失敗)

これではビジネスが成り立ちませんよね?

多くの人はビジネスをシンプルに考える事ができない結果、リサーチを適当行っています。だから上手くいかないんです。

もし、仮に短期的にうまくいっていたとしても、いつかビジネスが崩れ去った時にその理由が分かりません。(土台が無いビジネスはいずれ簡単に崩れ去ります。)

  • 「運が悪かったんだ‥」

‥きっと、そんな答えしか浮かんでこないでしょう。

ビジネスでうまくいかないのは運が悪いからでも、景気が悪いからでも、ライバルが強いからでもなく、「価値を提供できていないから」です。

そして、その“価値”を調べるのがリサーチなので、ここがかなり重要なポイントになる、という事になります。

ここで私の行っているリサーチ方法をいくつか紹介していきます。

  1. 直接会って聞き出す
  2. 電話で聞き出す
  3. オンラインのやり取りから聞き出す

この3つを紹介していきます。

■価値のリサーチ法1.直接会って聞き出す

これはかなりシンプルで王道な手法ですが、リサーチにはかなり適しています。

何かで悩んでいる友達や知り合いに「どうしたの?」と聞き込んでみたり、居酒屋などに言って耳を澄まして他の人が喋っている愚痴をコッソリ聞いてみたりします。

「最近、こんな事があってさぁ。最悪だったんだよ。何でああなのかなぁ。もっとこうなったら良いのに‥」という感じの会話を集中的に拾ってメモしていきます。

どこかのお店に行ってそこのお客さんに直接聞いてみたり、占い師として街角で無料で相談会いたり、セミナーをして人を集めて聞いていくのもありです。

ネットでのリサーチと比べて難易度が高いですが、ネットでは得る事のできないリアルな情報をゲットしていく事も可能です。

メリットとしては、

  • 得られる情報量が多い(電話やオンラインでは得られない、その人の顔やしぐさ、においやイメージなどがリアルに分かる)
  • 人間関係が構築できる(何でも話せる仲になれれば最高です)
  • 彼らを将来のお客さんにできる
  • 相手の本当に欲しいものを見抜くことができる(相手が言わなかったり、そもそも気付いていなかったとしても)

‥といった具合になります。

しかし、逆にデメリットもあります。

  • コミュニケーション能力を要する
  • 相手が本音を言わない(言えない)可能性がある
  • そもそも聞く相手を見つけられない
  • ほかの2つと比べて時間がかかる可能性がある

‥といった事などです。

そもそも会って数分や数10分で完全に心を開いてくれるような人はあまりいません。(高いコミュニケーション能力がある程度高ければ可能かも知れません。)

その段階でいくら相手が欲しいものを聞き出しても、ほとんどの人は答えてくれないと思います。

しかし、逆に高いコミュニケーション能力と理解力を持っているのであれば、相手が本当に欲しいものを言わなかったとしても、見抜くことができます。

声のトーンや表情、仕草や話し方を見ていると「この人はこれが嫌で、これが好きなんだな」という事が“何となく”分かるというイメージです。

例えば、「ニキビで悩んでいるけど、コンプレックスに感じている人」は、「ニキビで悩んでいる」という事を口に出すのを恥ずかしがる場合があります。

しかし、会話をしながら表情を見たり、声のトーンを聞いていくと、「あ、この人はきっとニキビで悩んで抱え込んでいるんだろうな」という事が分かることがあります。

そこで、その人の家のポストに「自宅で1人で誰にもバレずにニキビを治す方法」というチラシを入れたら?反応があるかも知れませんよね。

1人が悩んでいるという事は、他の人も悩んでいる可能性があるので、その商品・サービスをパッケージ化してインターネット上などでも売り出したらもっと多くの人に価値を提供していけるようになりますね。

■価値のリサーチ法2.電話で聞き出す

私がリサーチで最もよく利用するのが「電話」です。

主にインターネットを通じて無料で通話ができる「Skype」という無料サービスを使っていきます。

もちろん、普通の携帯電話を利用した通話でもOKです。

私がビジネスを始めた当初は、何か1つのジャンルを決めて「無料相談」という形にして人を集めてリサーチ活動を行っていました。

相談なので、主に「こんな事で困っているんです」という人が訪れるので、そこで聞いた言葉や内容などをメモしていって、多くの人が悩んでいる事を見つけ出して、それを解決するものを商品・サービスとして販売、またはアフィリエイトしていくというイメージです。

直接会うのと違って、あまり恥ずかしがらずに正直に話してくれる人の割合も増えてきます。

電話では、声のトーンや独特のニュアンスが伝わってくるので、「文字を読んだだけ」というよりは、その人が考えている事・その人のタイプなどが明確に分かりやすいです。

■価値のリサーチ法3.オンラインのやり取りから聞き出す

最後の方法がオンラインを使ったやり取りから“価値”を探し出すリサーチ方法です。

インターネットを使って、「悩み相談サイト」や「掲示板」などから、人々の欲望や悩みなどを見つけ出していきます。

(QandAサイトのイメージ)

私がビジネスを行う時には基本的に「電話」と、この「オンライン」の2つを組み合わせてリサーチを行っています。

インターネット上では匿名で書き込みや質問をできるので、直接的なやり取りと比べて「ホンネ」をそのまま語っている事が多いので、電話では知ることができない事を知ることができる事が多いからです。

どれを取るというよりは、それぞれで弱点を補完しあって総合的に活用していくといったようにして欲しいと思います。

もちろん、ここに書いたリサーチ方法が全てではありませんので、「ふーん、こういうのがあるんだ」というくらいに思ってもらってOKです。

やる気のある人は即実践をして欲しいと思うのですが、まだまだ難しいと思いますので、またこのブログか私の企画or特典にて「こんなふうにリサーチをしてビジネスを作る!」という実例付きの詳細なリサーチ方法も紹介していく予定ですので、今しばらくお待ち下さい。

しかし、リサーチはかなり重要なステップだという事は、今日から頭に入れておいて確実に理解して欲しいと思います。

「リサーチは超重要」とメモ書きをして壁に貼っておくと良いかも知れません。

リサーチをして、ユーザーの感じる価値を見つけ出す事ができれば、ビジネスの戦略次第ではユーザーの「価値観をシフト」させて本当に必要としている商品・サービスを販売していく事も可能になります。

ただ、これは裏を返せば粗悪な商品でもポンポンと売ることができてしまうという事にもなりますので、恐らくこのブログ上では公開することはありません。(企画内でのみ解説となる事が予想されます。)

簡単に言えば、

  • ビジネスの中心軸である“相手”を知ることでビジネスを最も効率的に行うことができる

という事になります。

これもビジネスをシンプルに理解できていないと分からないままだったと思います。

ビジネスはシンプルに考えれば「簡単」だ

こう考えていくと、ビジネスはかなり簡単な事が分かってもらえると思います。

  • 「人が欲している価値を調べて、それを本当に必要としている人に提供してあげるだけ」

たった、これだけです。

現に私はインターネットでビジネスを行っていますが、やっている事は

  1. 「ユーザーが欲しているコンテンツを作る」
  2. 「それを本当に必要としている人を集める」

という事だけです。

HTML?WEBデザイン?CSS?プログラミング??全然必要ありません。

正直、私は少しはビジネスの専門知識を知っているつもりですが、難しいビジネスの専門用語になるとサッパリよく分かりません。

それでもビジネスを行って大きな金額を得られるのはなぜか?

それはビジネスをシンプルに考え、「価値と価値の交換」を人一倍、積極的にやっているからです。

別に難しい専門知識を身に着けなくても、ちゃんとした方法で人々の“価値”を感じるポイントをリサーチして、「価値と価値の交換」さえしていれば、嫌でもお金が儲かるという事です。

(必然的に儲かるお金‥)

‥とはいえ、インターネットを使えば私が寝ている間にも、仕事をしていない日があっても、既に作り出した仕組みから人が集まってきて、人が価値を感じて、そこに対価を支払って「価値と価値の交換」が自動的に成立していくので、1日2時間も働かずに毎月コンスタントに大金を稼いでいるというわけです。

朝にシャキッと2時間くらいパソコンをカチカチといじったら、あとはどこにいて何をしててもOKというかなりフリーダムな生活を送っています。

「そんな状況を作るためにはどうしたら良いのか?」

というと、私と同じようにインターネットを使い、

  • 「ユーザーが欲しているコンテンツを作る」
  • 「それを本当に必要としている人を集める」

という事を日課にしておくだけでOKです。

インターネット上に、こうして今私が書いているような文章を残しておくだけで、あとは寝ている間にもパソコンを閉じている時にもずっと文章はインターネット上に表示され続けます。

それを読んだ人が価値を感じて「こんな商品が欲しいなぁ」と思ったところに、私の商品があったら対価としてお金を支払ってくれるという事ですね。

もちろん、それを効率よく行っていくためには、きちんとした方法で行っていく必要があるという事です。

  • 「なんとなく書いてネットにアップしました!」

というだけでは、お金は稼げないという事ですね。

自分と相手の「価値と価値の交換」をできるように、自分の提供する価値を欲する人を効率よく集めて、その人達に効率よく価値の交換をしてもらった時にはじめて継続的な利益が発生するという事です。

何も難しい話ではなく、「インターネットを使って価値と価値の交換をする為の正しい知識と方法」さえ知っていれば、誰でもお金を稼げるという事です。

逆に「1クリックで月収100万円稼げます!!」というようなクソ怪しい詐欺的な商品で解説されているような間違った知識や方法ではお金を稼ぐことはほぼ無理だと言えます。

また、現段階でビジネスがうまくいっていないのであれば、その知識や方法も間違っているか、あなた自身が間違って理解している可能性があるという事になります。

もし、あなたがビジネスを行っていて、現段階でうまくいっていないのであれば、以下の記事を参考にして下さい。

ビジネスで最速で成功する手法について解説しています。

ビジネスとは一体何なのか?のまとめ

長くなってしまったので一度まとめていきますね。

今回は、これを読んでいるあなたにビジネスをシンプルに捉えて欲しいと思い、以下のような画像を交えてビジネスについて解説していきました。

自分と相手がいて、価値と価値を交換しあう。これが私の考えるビジネスの仕組みだという事を解説していきました。

そして、ビジネスで効率的に価値の交換をしていくためには、「リサーチ」がかなり重要なステップである事を解説していきました。

また、そのリサーチの方法を3つほど簡単に紹介していきました。

  1. 直接会って聞き出す
  2. 電話で聞き出す
  3. オンラインのやり取りから聞き出す

具体的な紹介は記事の長さの都合上できませんでしたので、次回以降にまたブログor特典or企画にて公開していきますね。

結論としては、ビジネスを行うのは凄く簡単で、しっかりとした知識や方法を持って取り組んでいけば、誰でもお金を稼ぐ事ができるという事でした。

私が行っている「インターネットビジネス」についても、何も難しい話ではなく単純に「インターネットを使って価値と価値の交換をする為の正しい知識と方法」さえ知っていれば、誰でもお金を稼げるという事ですね。

もし、あなたがこれからビジネスでお金を稼いで理想の目標を達成していきたいと思っている場合には、本日の記事を何度も何度も読み返して欲しいと思います。

また、具体的に行動をする時には以下の記事を参考にしていくと良いです。

また、本日もかなり色々な事を話してきましたが、これは単なる私の考えであって「これが絶対に正しい」とか、「こういう事は間違っている」という事ではありませんので、ご安心頂ければと思います。

私は私のアイデアや考えに共感してくれる人に付いてきて欲しいと思っていますので、「コイツの言っている事は間違っている!」と思ったら、無理矢理に私にこだわる必要はないという事です。

逆に「なるほど、この考えは納得できるなー」「このアイデアは共感できるなー」「もっとビジネスを教わりたい!」という人はどんどん付いてきて欲しいと思います。

そういった人達とは私も積極的に良い人間関係を築いていきたいと思っていますので、メッセージもどんどん送ってほしいです。

以下のリンクをクリックして問い合わせページにメッセージをカチカチと入力して、送信ボタンを押すとメッセージが送信できます。

分からない事、不安な事、疑問に思った事、感想、メッセージ‥何でもOKです。

真剣なメッセージは迷惑とは思いませんので気軽に送ってきてくださいね。

さて、それでは本日の記事は終了です。

今日も記事を御覧いただきありがとうございました。

また明日も是非いらしてくださいね。

ありがとうございました。

J(ジェイ)

次のページ
1年以内に最低でも月収100万円を稼ぐニッチハックアフィリエイトの秘密



『ニッチハックアフィリエイト』無料メール講座

"学歴、専門知識、人脈、全て『ゼロ』
無教養無職の男がある日、奇跡的に発見した
ニッチハックアフィリエイト』手法により
家族を一生養える貯蓄を手にした物語


1年以内に最低でも月100万円を安定して稼ぎ出す
ニッチハックアフィリエイト』の全貌を公開中


無料で講座を受ける