あなたがコピーライティングを学ぶべき理由

不変のスキル『コピーライティング』

もし、これからあなたが「ネットビジネスで稼ぎたい」と1ミリでも思っているのなら、必ず手にして欲しい1つのスキルがあります。あなたがネットビジネスの初心者か中級者かは関係ありません。「稼ぎたい」と思っているのなら確実に手にして欲しいスキルがあるのです。

それは、『コピーライティング』というスキルです。単刀直入に結論から正直に言いますが、コピーライティングはネットビジネスで「稼ぐ」というポイントにおいて最も最強のスキルです。

コピーライティングを覚えなければいつまでたってもネット上で収入を上げる事はできません。いつまでたっても貧乏なままです。1年後も3年後も10年後も借金の額は変わる事はありません。

これも後から詳しく説明していきますが、「コピーライティングを知らない」「コピーライティングを知ろうともしない」そんな人がネット上でお金を稼ぐ事なんて「できない」と断言しても良いです。「コピーライティングなんて必要ない!」と言う人もいますが、正直言って話にもなりません。

しかし、コピーライティングのスキルを少しでも身に着けていく事ができれば、あなたの収入が一気に増える事になります。作業をすればするだけ、“雪だるま式”に資産が増え続ける事になります。

もちろん、一時的な「チャリン」とした“小銭”レベルの金額を稼ぎたいだけなのであれば、そんな方法はいくらでもあるわけですが、ネット上で”お金を稼ぎ続け”、まさしく『富を築いていきたい』というのであればコピーライティングは必要不可欠なスキルになります。

それこそ、HTMLやSEOなんて一切知らなくてもコピーライティングさえしっていれば、月に50万円、100万円、それ以上と稼ぐことは朝メシ前になりますよ。

私自身、知識もスキルも経験も何も無かった頃に、初めて勉強したスキルがコピーライティングですが、はじめにこのスキルを学んでいなかったら「今の自分はない」と断言できます。

  • 「信じられない!」
  • 「コピーライティングってセンスが必要なのでは?」
  • 「コピーなんて書けねーよ!」

OKです。その気持ち分かります。そう思って当然です。いきなり「コピーライティングが重要」と言われて「OK!マスターする!」という人も中々いないと思います。

私も初めはサッパリ分かりませんでした。そもそもコピーライティングとは何なのか?」「一体どうやって初心者がプロのコピーを書いていくのか‥」「どうやってコピーライティングを使い、ネット上で莫大な収入を稼ぎ出すのか?」順を追って解説していきます。

この「コピーライティング」というスキルを知っているか、知らないかだけで、今後のあなたの稼ぎ出す「収入額」の桁が1つも2つも増える事になってきます。ですので、もしあなたが「本気で稼ぎたい」と思っている場合は確実にこのポイントを抑えておくようにして下さい。

もし、このポイントをスルーすれば「いつまでたっても稼げない」という状態になってしまいます。1年後も3年後も10年後も貧乏から脱出できないままで借金の金額も一生変わりません。

  • 夢を掴み取る未来を生きるのか?
  • 現在進行系の未来を生きるのか?

それはあなた自身が決め、本日の記事の続きを読むかどうかを判断して下さい。「どちらが自分にとって良い選択なのか?」あなた自身がそれはきっと一番良く分かっているはずです。

コピーライティングとは一体何なのか?真の目的とは?

ではまず、そもそも「コピーとは?」「コピーライティングとは何か?」について話していきます。

コピーライティングの一般的な定義は、『広告文章(売れる文章)を書くこと』だと言われています。

しかし、私自身はコピーライティングの「本質」とは、もっと違ったところにあると感じています。

これは特にコピーライティングを少しだけ学んでいる、かじっているという人に多いのですが、「コピーライティングはどんなモノでも無理やり売れるスキル」だと勘違いをしている人がいます。

お客さんを煽って煽って煽りまくる、そして無理矢理に商品を押し付けてお金を搾取する。「これがコピーライティング‥?」私はそうは思いません。しかし、事実、この業界ではこんな事が日常茶飯事で巻き起こっています。

煽って、騙して、誇大表現をして‥無理矢理に買わせる。こんなのはコピーライティングではありません。

私が思うコピーライティングとは、『人を導くスキル』です。自分が本当に正しいと思った道に人の手を取ってリードしていく、導いていくスキル。私はこれがコピーライティングだと思っています。

決して「どんなモノでも無理やり売れるスキル」だと勘違いしてほしくない。それが私の正直な意見です。「商品を売る」というのはコピーライティングのごくごく一部でしか無いのです。

これを勘違いしている人が本当に多いです。そんなクソみたいなコピーライティングならさっさと捨ててしまえばいいと真剣に思うのですが、本人は思いっきり勘違いしているんです。なぜなら、そのコピーライティングを教えている人もそう思っているから。

「どんなモノでも無理やり売れるスキル」こんな前提知識が頭に入った状態で本当に良いコピーなんて書けるわけがありません。絶対に。

ブログアフィエイトをやっている人でもよくいますけど「売り込み」が強すぎる。コピーライティングを学んでいるのか学んでいないのか知りませんが、「買って下さい!」と言わんばかりに売りつけてくる。当然、見ている人の気分はよくありませんよね。そんな人から商品を買うか?と聞かれれば答えはノーです。

コピーライティングって「どんなモノでも無理やり売れるスキル」じゃないんですよ。その部分を勘違いしていると”死ぬほど努力しても1円も稼げない状態”になってしまうわけです。

ですが、逆にこのコピーライティングの本質の部分、「コピーライティングとは人を導いていくスキルだ」という事をしっかりと抑えておくだけで、そこから打ち出されるコピーっていうのはまるで違ったものになってきます。

「別にこの商品の事は好きじゃないけど、稼ぎたいから売り込んでやる」これじゃあいつまでたっても1円も稼げないという事です。

良いコピーとは一体どんなものなのか?

では、一体どういった文章が「良いコピー」と呼ばれるものなのか。

コピーライティングと聞くと「文章家」というイメージが強く、専門的な知識や高い語彙力を必要としそうなイメージもありますが、実はそうでもありません。極端な話、人を導いていく事さえできればその文章は何でも良いわけです。

そこに流暢(りゅうちょう)な小説家のような文章や専門家の使う専門用語ばかりを並べていく論文のような文章術は必要ありません。

「商品を本当に必要としている人に商品を手渡してあげる。」これさえできればそれがどんなカンタンな文章であろうが、はたまた動画であろうが、音声であろうが何でもOKなんです。

ですので、よく見かけるような

  • 「商品を買わないやつは俺の敵だから今すぐ消え失せろ」
  • 「買うか、死ぬか、お前に残られた選択肢はこの2択だ」

のような事は一切言う必要は無いのです。商品を必要としていない人に対して無理やり売りつけても最終的にクレームが来て不快な気持ちになるだけです。これでは意味が無いのです。

商品を必要としている人に商品を売ってあげる。そこへ導いていく。それがコピーライティングと通常の文章の違いです。

  • 読み手が読みやすい文章で書いてあげる
  • 読み手との信頼関係を構築するために読み手と「共感」をしてあげる
  • 興味深い文章を書いて読み手を行動に導いてあげる

このように「読み手目線」で書かれる文章が良いコピーなのです。決して「自分目線の独りよがり」の文章では人を動かし導いていく事は不可能です。

コピーライティングが無いと何も始まらない

インターネットで稼いでいく場合に“文章”は必要不可欠な存在です。コピーライティングが無ければ何も始まりません。

例えば、私の行っているアフィエイトでもほぼ全ての作業に文章が必要とされます。

  1. ブログ
  2. メール
  3. セールスレター
  4. ランディングページ
  5. PPC…

これらのアフィリエイトで稼ぐための作業のほぼ全てに「文章」が用いられます。

つまり、「アフィリエイトで稼ぎたい!」と思うのならばこの文章から逃れる事はほぼ不可能なのです。

だからこそ、この「文章力」というもの、コピーライティングのスキルというものは何よりも先に身に付けるべきスキルなのです。

現に私は、「コピーライティング」を学ぶ事で、今現在の結果を得るキッカケを作り出す事に成功しました。その事からも、コピーライティングとは、過去から現在まで右肩上がりに成長している今現在の「私」を形成している「全て」だとも言えます。

言うなれば、全ての「スタート地点」にある不変のスキル。

コピーライティングを意識的に勉強していけば、基本的なマーケティングも消費者の心理さえも、自然と理解できるようになってしまいます。だからこそ、他にどんな事を差し置いてでもまずはコピーライティングを学び、その後にマーケティング等を学んでいくべきだと思うのです。

キャッシュを生み出し続けるスキル『コピーライティング』

コピーライティングは、数あるスキルの中でも唯一「直接的に現金を生み出す事ができるスキル」です。

だからこそ、私はネットビジネス初心者の方に「まずはコピーライティングを学びましょう!」と口を酸っぱくして同じことを母親のようにガミガミと言っています。

確かに稼いでいくのに「マーケティング」や「パブリックスピーキング」といったスキルも確かに大事ですし、それらは非常に強力な武器になります。ただ、それらは全て「コピーライティングありき」で初めて威力を発揮します。

少なくともインターネットというビジネス市場においては、「売れるコピー」が書けばければ、いくらマーケティングやパブリックスピーキングを極めていても、それなりの結果しか出す事ができません。

ですから、あなたの第一の目的が「お金儲け」なのであれば、まずはコピーライティングを学ぶ事が“最も手っ取り早い選択”なのです。

SEOやHTML、ウェブ知識やサイト量産ノウハウを学ぶといった選択は遠回り以外の何でもありません。

私も今でこそ多くの分野へビジネス展開をしていますが、お金も学歴も、人脈もパソコンスキルも『0』の状態で現在の収入を生み出せたのは、唯一学んだコピーライティングのスキルがあったからです。

逆に言えば、コピーライティングを学ばければ、今の私は無かったと言っても決して過言ではありません。

  • 「もしコピーライティングを学んでいなかったら‥」

想像しただけで恐ろしいですし、寒気どころか吐き気がします。私もまだまだマスターしたとは言えないレベルですが、こんな私でもコピーライティングを学ぶことで事実として比較的大きな収入を得る事ができているわけです。

「私は文章を書くのが苦手で、センスがありません。」

しかし、多くの人はコピーライティングの重要度を認識していくほどこんな問題にぶつかります。

  • 「オレ文章書けない‥アフィリエイト人生オワタ‥」
  • 「それってセンスが必要なのではないでしょうか?」

実際に、こういった悩みを持つ人はかなりいます。私も文章を書くのが苦手という気持ちはすごく理解できます。文章を書くなんて今までしてこなかったし、勉強もしてこなかったし、インテリ臭いのは超苦手でした。

ですが、コピーライティングを学んでいくと分かるのですが、「文章」というのに「才能」は一切関係ないと確信しています。

私のようにどれだけ学歴が低くても、おバカさんでも、「クソ野郎」でも、日本語さえできればいいのです。ウソのようですが本当の話です。

文章(ライティング)は、料理(クッキング)と同じです。

料理はレシピ通りに作れば、小学生でもプロと同じ味の料理が作れます。

コピーライティングもそれと同じなのです。

ある一定の法則(レシピ)に忠実に従って必要事項を書くだけでプロのコピーが完成します。

つまり、文章は才能ではなく忠実にレシピ通りに書くという『素直な心』が大事なのです。

多くの人が学ぶ事をしないからチャンスがある

しかし、多くの人は「文章は才能やセンスが必要なものだから今更学んでも意味が無い」と信じ込んでいます。ライティングに才能やセンスが必要だと勘違いしている人がほとんどなのです。

しかし、あなたは「そんな事は必要ない」と今この瞬間に知ることができたはずです。このチャンスを最大限に活かして欲しいんです。

多くの人は「ネットビジネスで稼ぎたい!」と言いつつも「コピーライティングはちょっと‥」と言っています。これはあなたにとって凄くチャンスなのです。

だって、彼らが気付いていないうちにコピーライティングを少しでも学んで活用していけば必然的に彼らとの差別化もできるし、売れる文章も書けるようになるんですよ。

多くの人がせっせとSEOだのHTMLだのサイト量産ノウハウだの、効率の悪い知識を入れている間にあなたは「ネットで稼ぐ事に特化したコピーライティングというスキル」を学んで彼らとどんどん差をつけていくことができます。

誰にも奪われないスキル

コピーライティングというスキルを一度でも身に付けてしまえば「一生モノ」のスキルになります。

そこに必要なものはパソコン1台だけです。

「パソコン1台だけで…」というフレーズをよく耳にしますが、売れるコピーを書けるようになれば本当にそれ以外は何も必要が無くなるのが事実です。商品も、軍資金も、在庫も、リストも、人脈も、何も必要無いのです。

例えヒトラーなどの独裁者に全ての現金、土地、宝石、腕時計を奪われたとしても『稼ぐスキル』を隠し持っていれば、すぐにまた成功できるのです。

コピーライティングというスキルに、政府は税金をかける事も絶対にできませんし、誰かにコッソリ盗まれたり無くしたりする事は絶対にありません。

国境を超える時に税関で、「申請する物はありますか?」と聞かれても「いいえ、何もありません。」とニヤニヤしながら答える事ができます。

警察犬がクンクン鼻を鳴らしながらあなたの全身をまんべんなく匂ったとしても、あなたの頭の中にコッソリと隠し持っているスキルは絶対に見つかる事はありません。

メンテナンスも修理も税金も必要ない、世界最強のスキルがコピーライティングなのです。

コピーライティングで重要な3つの事

まず、コピーライティングで求める理想の文章とは以下のような文章です。

  1. 興味を持って続きを読んでもらい
  2. 書いている内容を信じてもらい
  3. 実際に行動をしてもらう

たったこれだけです。これを実現させるがコピーライティングのスキルです。文章を読んでもらう、内容を信じてもらう、行動してもらう。もし、これができればあなたは今日中にでもネット上からお金を稼ぎ出す事が可能になります。

例えば、これをブログアフィエイトにあてはめると以下の通りになります。

  1. ブログに興味を持って続きを読んでもらい
  2. 書いている内容を信じてもらい
  3. 実際に商品を買ってもらう

たったこれだけなんです。むしろ、これができなければ「一生稼げない」という事になります。

もし、ブログにいくらアクセスが集まったとしても、そこに打ち出されているコピーが弱ければ読み手は商品を買うどころか、その文章すら読む気にはなりません。逆を言えばコピーライティングを身に付けて、少ないアクセスでも多くの読み手が

  1. ブログに興味を持って続きを読んでもらい
  2. 書いている内容を信じてもらい
  3. 実際に商品を買ってもらう

というステップを踏んでいけば自ずと大きな売上を上げていく事も可能になるわけです。

恐らくここまで文章を読んできたあなたが最も気になっているポイントはここでは無いかと思います。「売れる文章を具体的にどうやって書くのか?」気になりますよね。その方法についてこれから解説していきます。

読み手を動かすコピーを書く具体的なステップ

  • 「売れる文章を具体的にどうやって書くのか?」

というと人それぞれやり方があるかも知れません。コピーライティングを教えている人によっては、「とにかく書けばいいんだよ!」「写経をして覚えろ!」と言われている事がありますが、実はそんな事よりも重要なことがあります。

コピーライティングを実行する上で重要なポイントとは、『“考える”時間を最大化させて、“書く”時間を極限まで減らす』という事です。「とりあえず書く」という事は絶対にしてはいけません。

とりあえず書くという思考でコピーをを書くという事は、いわば地図や羅針盤を持たずに船旅に行くようなものです。それでは目的地には辿り着く事はできませんし、ゴールが見えないのでそもそもやる気が起きません。

  • 「では、そこで具体的にどうするのか?」

という話なのですが、ここで先程も話した以下のステップが非常に重要になってきます。

  1. 興味を持って続きを読んでもらい
  2. 書いている内容を信じてもらい
  3. 実際に行動をしてもらう

これを達成する一体どうすれば良いのか、というステップがあります。私は書きたい記事の内容が決まってきたら下記の4つのステップを行い記事を書いています。

  1. どうすれば記事を読んでもらえるのか?を紙に書き出す。
  2. 信じてもらうためには何をすればいいのか?を紙に書き出す。
  3. 行動をしてもらう為には何をすればいいのか?を紙に書き出す。
  4. 上記3つを組み合わせる。

たったこれだけです。この4ステップを確実に踏んでからやっと書き始めるわけです。

例えば、今回の「コピーライティング」というテーマで記事を書くにあたって私は下記のような行動ステップで書いてきました。

例:

・ゴール「コピーライティングを知ってもらい、学んでもらい、実際に稼いでもらう」

  • どうすれば記事を読んでもらえるのか?を紙に書き出す。

・「ネットで稼ぎたい」と思っている人に限定してメッセージを書く。
・コピーライティングで得られるメリットやデメリットを先立って打ち出す。
・今後コピーライティングを学ばないとどんな未来が待っているかを書く。
・逆にコピーライティングを学んだらどんな未来が待っているかを書く。
・難しい単語や専門用語を一切使わない。

  • 信じてもらうためには何をすればいいのか?を紙に書き出す。

・実際にネットで稼ぐという作業のほとんどに“文章”が必要だという事を書く。
・自分の持っている知識を全て出し惜しみなく簡潔に伝える。
(コピーライティングにおいて重要な3つの事など)
・具体的に自分がどうやってコピーライティングを使用してネットでお金を稼ぎ出しているのかを書く。
・細かい部分まで丁寧に書く。
・自分自身の経験談や正直な意見を書いていく。

  • 行動をしてもらう為には何をすればいいのか?を紙に書き出す。

・実践しやすいステップを伝える。(最高5ステップまで)
・ステップを実例として自分で見せる。(出来る限り分かりやすく)

  • 上記3つを組み合わせる。

・上記3つを組み合わせる事でこの記事が完成しました。

このステップ1~4を使うか使わないかはあなたにお任せしますが、私的にはこういった決まったステップ・バイ・ステップが好きですし、「コピーライティングの重要性について」は教えてくれる人はいても、実際にここまで具体的に教えてくれる人はほぼいませんので、実際に使ってみるといいと思います。

私以外にブログアフィエイトをやっているアフィリエイター等を見てもここまで具体的なステップ・バイ・ステップを無料で公開している人なんてほとんどいませんからね。まずは今すぐ試しに効果を味わって欲しいというのが正直な意見です。

コピーライティングを学べる本はあるのか?

とはいえ、真剣にコピーライティングのスキルを身に着けていくとなると、やはり「教材」が必要になってきます。それが書籍であれ、巻物であれ、ネット上のPDF文書であれ、何らかの形の教材が必要になってきます。

無料で学びたいという場合は、図書館にでも行けばいくらでも学ぶことができます。

ただ、コピーライティング関係の書籍や教材というのは星の数ほどありますので『どれを学んだら正解なのか』という事が余計に分からない状態になっています。

しかも、コピーライティングというのは性質上「コレ」と言った形が無いものですから、余計に何が正解なのかって分からないと思うんですね。

実際に私自身がコピーライティングの重要性を知ってから、パソコンの画面に穴が空くほどネットサーフィンもしましたし、眠たい目をこすりながらもコピーについての本や教材などを読み漁りました。しかし、そのほとんどが「何だかイマイチ分からない‥」というのが正直な意見です。

アメリカ人のコピーライターが書いた書籍を翻訳した書籍だったり、日本のコピーライターの「キャッチコピーの作り方」的な本も読んだんですが、「言いたいことは分かるけど、これってどうやって使うの‥?いまいちピンと来ない‥」というのが本当に多いんです。

それというのも当然の事で、彼らは「紙媒体」のコピーを主として扱っており、ネットビジネスで扱うコピーとはまた別物なのです。そういった意味では注意が必要だともいえます。

なので、もしあなたが「ネットビジネスで稼ぎたい」と思っているのならば、そういった紙媒体の広告のコピーではなく、他でもない「インターネット上で物を売る為のコピーライティング」を学ぶほうがかなり手っ取り早いです。現在進行形でブログアフィリエイトで稼いでいる人やコピーライターとして稼いでいる人のコピーライティング術を学ぶのがベストです。

  • 「ネット上のコピーを手取り足取り学べる教材なんてあるの?」

というと、例えば、私も紹介している『The Million Writing(ミリオンライティング)』という教材。これがオススメです。以下のリンクをクリックで詳細を確認できます。

私的にはネット上に数ある教材の中でもこの教材が最も効率的にコピーライティングを勉強する事ができると体感しています。価格は約4000円。

『The Million Writing(ミリオンライティング)』は、私の生徒にも確実に手元に置いておくように言っています。なぜなら、ネットビジネスにおいて最も重要な「コピーライティング」という分野にすら投資をできないなら他のどんな事をやっても無駄だからです。

コピーライティングを学ぶと学ばないのでは、もはや比較にならないほどの圧倒的な結果を『必然的に』『出すべくして出していく』事ができます。それを無駄にするならこの先も未来は無いっていう事ですよね。

なので、上記以外の教材で学ぶにせよ、せっかくこうして私のブログに来てコピーライティングの重要性について知ったわけですから、コピーライティングはキッチリと学んで欲しいと思っています。

結論:コピーライティングの重要性について

ここまであなたにコピーライティングに関する様々な事を解説してきました。まとめると以下の通りです。

  • コピーライティング無しではネット上では稼げない
  • コピーライティングとは無理矢理に物を売り込む事ではない
  • コピーライティングとは『人を導く』スキルだ
  • アフィエイトという作業のほとんどの要素は「文章」
  • つまり文章術(コピーライティング)を学ぶ事が稼ぐ事に直結する
  • コピーライティングには重要な3つのポイントがある
  • 私が具体的にどうやって記事を書いているのか
  • コピーライティングを学ぶ時の注意点とポイント

‥などといった事を解説してきました。記事を読み始める前よりもコピーライティングについての重要性について深く知っていただけたかと思います。

既にあなたは他の起業家の1歩先を行っている

ここまでの解説や私の記事の書き方を知ったため、あなたはもう既に他のナンチャッテ起業家達よりもコピーライティングの知識があると言っても過言ではありません。

  • 「これからコピーライティングを学ぼう!」
  • 「ネットビジネスで稼ぎたい!」

と思っている人よりも2歩も3歩も先に進んでいる状態です。

だからこそ、このチャンスを見逃さないためにも今すぐにコピーライティングを学んで欲しいと心からそう思っています。

チャンスは何度もやってきませんし、貯金もできませんから。

逆にあなたがボーッと2日、3日とこのまま過ごしてしまったらライバルはノンストップでコピーライティングの勉強をして、ネットビジネスで稼ぐための1歩を着実に踏み込んでいくと思います。

なので、私が本日お伝えした内容や過去に私が書いた記事も含め、今すぐに復習して欲しいです。

最高のコピーを書くために必要なたった1つの要素とは‥

さて、ここまでかなり長くなってしまいましたが、最後にもう1つだけ。私が考えている『最高のコピーを書くためのたった1つの要素』についてあなたにお伝えしたいと思います。

『最高のコピーを書くためのたった1つの要素』とは、どんなテクニックでもない、どんなノウハウでもない‥“読み手を愛すること”だと思っています。

どれだけ分かりやすい文章を書いても、そこに感情がなければ人の感情、心を動かす事は不可能だからです。

サン=テグジュペリさんという『星の王子さま』を書いたフランスの偉大な作家さんによれば、「愛情とは相手と見つめ合う事ではなく、相手と“同じ方向”を見ていくことである」と定義しています。

()

(コピーライティングで最も重要な事を語るサン=デグジュペリさん‥)

まさにこれはコピーライティングの真髄とも言える名言だと思います。読み手と同じ方向を向き、読み手の事を思いながら文章を書いていく。

この考えだけは頭の片隅にしまっておいて欲しいです。

私もこれを意識して常にあなたの事を考え、あなたと同じ方向を向きながら、あなたの事を思って文章を書いています。

近い将来、あなたがコピーライティングを自由自在に駆使して月に100万円‥300万円‥それ以上と収入が一気に増えていくと、私の経験上、必ず一度は「調子に乗る時期」が訪れます。

きっと最初は「これで大丈夫かな?ここをもっとこうした方がいいかな?」と色々と文章にのめり込み、読み手の気持ちを考えて、真剣に文章を書いていくと思うんです。

しかし、そうしていくうちに必ず上手くいきますので、その時に、

  • 「どうせ読み手はバカだから何を言っても無駄だ」
  • 「大体こんな感じで適当に言っておけば信じるだろ、バカだから」

と、自分の書いた文章を見つめ直す事もせずに、読み手を馬鹿にする時期が来るかもしれません。

正直に言うと、私もそうやって鼻が天狗並みに伸びていた時期がありました。「オレはコピーライティングをマスターした!」と思っていました。でも、その時期に書いていた文章はまるでゴミのような文章ばかりです。

きっとその気持ちが読み手に伝わっていたんだと思います。

しかし、あなたは私と同じミスは決して犯さないで欲しい。だからこそ、これからあなたがコピーライティングを使って月に100万、200万、それ以上と余裕で稼げるようになったとしても、決して自分よがりの文章を書かずに、必ず読み手の気持ちを考え「愛情」を持って接して欲しいと思っています。

それって結構難しいと思うんですけど、「愛情」を持って文章を書いていく事が結局あなたに一番お金をもたらしますし、一番「愛情」に満ちた充実した人生を歩ませてくれる事になります。

「愛情」って曖昧で抽象的でよく分からないようなクサい言葉かも知れませんが、もしあなたが困ったときにはまたこのブログに帰ってきて、本日読んだこの記事を思い出して欲しいと思います。

では、かなり長い記事になってしまいましたが、ここまでお付き合い頂き、本当にありがとうございました。

この記事に関しての感想や意見、分からない事があればいつでも気軽にご連絡下さい。下記から私宛にメッセージを送信可能です。

分からない事や質問があれば何でも気軽に聞いて下さいね。1人で考えるのも確かに大事ですが、分からない事を聞くという事も大事です。私のブログに訪れてくれたからには絶対に稼いでもらいたいと思っているので、何でも質問OKですよ。

それでは、今日はこの辺で終了します。最後までありがとうございました。

次のページ
1年以内に最低でも月収100万円を稼ぐニッチハックアフィリエイトの秘密